RAINBOW 二舎六房の七人(安部譲二、柿崎正澄) | スマホで立ち読みできる無料漫画 - スマホで漫画が読み放題!無料で立ち読み出来る電子コミックガイド

RAINBOW 二舎六房の七人(安部譲二、柿崎正澄) | スマホで立ち読みできる無料漫画

原作:安部譲二/作画:柿崎正澄『RAINBOW 二舎六房の七人』


人気漫画が全巻読み放題の無料アプリ!マンガBANG


『RAINBOW 二舎六房の七人』の漫画が
スマホやパソコンから無料で立ち読みできます!



漫画名:RAINBOW 二舎六房の七人
原作:安部譲二
作画:柿崎正澄
出版社:小学館
連載誌・レーベル:ビッグコミックスピリッツ
配信巻数:22巻(完結)


戦後間もない日本を舞台に、固い絆で結ばれた七人の少年が、苦悩や世間の不条理と戦いながらそれぞれの夢に向かって力強く生きる姿を描く。



〜 「RAINBOW 二舎六房の七人」のあらすじ 〜

敗戦の傷が癒えない昭和30年の日本。戦争のあおりを喰らい心に傷を負った六人の少年たちが、それぞれの理由から罪を犯し、湘南特別少年院・二舎六房に送られてくる。

水上 真理雄(みなかみ まりお=通称:マリオ)をはじめとする六人を待ち受けていたのは、少年受刑者を虫ケラ同然に扱う看守や医者など、薄汚い大人たちが支配する地獄のような世界だった。

そんな劣悪な環境に放り込まれたマリオたちだが、先に同房に入っていた桜木 六郎太(さくらぎ ろくろうた=通称:アンチャン)との出会いによって、次第に友情と固い絆で結ばれていく。

そして、「再来年の夏は、みんなでシャバにいよう」と誓い合った七人は、その淡い希望だけにすがって、過酷な少年院での日々を生き抜いていく。



〜 「RAINBOW 二舎六房の七人」の感想 〜

仲間の友情や絆を描いた漫画は数あれど、これほど仲間を思いやる気持ちに共感を覚えた作品はほかに記憶がありません。

人を信用せずに生きてきた六人が、初めて信頼できる人間・アンチャンと出会ったことで変わっていき、いつしか仲間のために命を賭けるようになっていく姿には自然と胸が熱くなります。

人との関わりが希薄になった現代人には少し暑苦しく感じるテーマかもしれませんが、人としてのあり方や、本当に大切なものが何かを教えてくれる名作だと思います。

少年院を出所後のストーリーも感動的で、理不尽だらけの世の中に敢然と立ち向かう彼らの生き様に、心を揺さぶられること必至です!


原作:安部譲二/作画:柿崎正澄『RAINBOW 二舎六房の七人』

この電子コミックが無料で試し読みできます!


まずはスマホやパソコンでチェックしてみてください

 スマホでの立ち読みはこちらから

 パソコンでの立ち読みはこちらから







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。