神さまの言うとおり弐 | スマホで立ち読みできる無料漫画 - スマホで漫画が読み放題!無料で立ち読み出来る電子コミックガイド

神さまの言うとおり弐 | スマホで立ち読みできる無料漫画

原作:金城宗幸、作画:藤村緋二
『神さまの言うとおり弐』



『神さまの言うとおり弐』の漫画が
スマホやパソコンから無料で立ち読みできます!


kamisamanoiutori2.jpg


スマホの方は下記リンクから無料アプリをダウンロードしてください。

「神さまの言うとおり弐」をはじめ、少年マガジンの人気コミックが無料で読めちゃいます♪


⇒ Androidユーザーはコチラから

⇒ iosユーザーはコチラから



漫画名:神さまの言うとおり弐
原作:金城宗幸
作画:藤村緋二
出版社:講談社
連載誌・レーベル:週刊少年マガジン
配信巻数:17巻(未完結)


前作「神さまの言うとおり(第壱部)」と同じ日に別の場所で始まった“試練”を描く、大人気カタストロフィ・サスペンスの第二章!



〜 あらすじ 〜

明石 靖人(あかし やすと)と青山 仙一(あおやま せんいち)は同じ高校のサッカー部に所属する親友同士。

2人は大学進学後も一緒にサッカーを続ける約束を交わしていたが、ある朝、2人は進路を巡って大喧嘩となり明石が学校を飛び出してしまう。

そして、教室に残った青山の前に、突然「だるまさんがころんだ」の試練が降りかかる。唯一ゲームをクリアして生き残った青山は、次なる試練「まねきねこ」に挑む。

一方、授業をサボったことで難を逃れた明石だったが、深夜、自宅に突然現れた「二宮金次郎」の像に導かれ、「ごみ箱学苑」と呼ばれる場所へ連れて行かれる。そこは、前の日に学校をサボった全国の不良(クズ)高校生たちが集められる、学校という名の“ごみ箱”だった。

ごみ箱学苑の理事長と名乗る謎の少年セイン・カミの指導のもと、明石は適者生存を学ぶための試練を与えられることになる……。


『神さまの言うとおり弐』

こちらの電子コミックが無料で立ち読みできます!


まずはスマホやパソコンでチェックしてみてください

⇒ Androidでの立ち読みはこちらから

⇒ iosでの立ち読みはこちらから

 パソコンでの立ち読みはこちらから


【関連記事】
神さまの言うとおり |スマホで立ち読みできる無料漫画






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。